膝の痛みに

骨

グルコサミンという言葉は、多くの人が聞いたことのある言葉と言えます。しかし、グルコサミンの意味をわかっている人はあまり知らないという人も多いです。グルコサミンは、関節の軟骨生成に必要な原料となる成分のことです。人間の関節は確かに年齢を重ねるごとに関節の軟骨が固くなってきて、あまり膝を使えきれない体になっていくのです。どんなに良い健康な生活を送っていても、固くなっていくものなのです。グルコサミンの成分は、アミノ酸とも呼ばれる物質で、体の中でもブトウ糖を原料として人間にとっては大切な健康成分なのです。軟骨をお年寄りまで維持するためには、グルコサミンも必要ですが、多様な健康成分を摂取する必要があるのです。グルコサミンがたくさん入っているのは、カニやエビに多く入っています。しかし、カニやエビにアレルギーがあるという人は、粒状で販売してある商品もありますので、それを買って摂取しているとグルコサミンが軟骨を支えることができるのです。

グルコサミンに似ている成分がありまして、コンドロイチンという成分があります。グルコサミンやコンドロイチンは名前も働きも似ている部分がたくさんあります。グルコサミンの働きとしては、軟骨を再生するや維持するということができます。コンドロイチンの働きは、まずコンドロイチンはプロテオグリカンという中にある成分なのです。その主な働きは、直接軟骨を作り出すという成分なのです。しかし、これはプロテオグリカンという働きなので、本当のコンドロイチンの働きは、軟骨の水分を作ることです。このように、グルコサミンとコンドロイチンは似ていますが、どちらも軟骨に関わる働きをするので、一緒に摂取すると良いでしょう。